ある学徒の手記
株式会社トミーウォーカー運営の学園伝綺PBW『シルバーレイン』のキャラクター視点の手記。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/19(月)   CATEGORY: SS
東の船は出発を遅らせた 私の羽根なら追いつける
 ―少し出かけてくる。留守を頼む…。
 ―一週間して戻らなかったら、管理を頼むかもしれん。

 ―了解しました。早期の帰還を期待します。

 何故自分は気がつかなかったのか。
『戻らなかったら』、そんな言葉を添えていた先輩の異変に。
 何故止めなかったのか。
 殴ってでも止めれば良かったのに。
「…」
 ぼんやりと、憂鬱な気持ちで。比留間・イドは絶技クラブへと向かっていた。
 既に、一週間音沙汰がないのだ。狢・蓮の、音沙汰が。
「…。おはようございます」
「あー、こんにちはー」
「おお、比留間殿か。こんにちは、じゃ」
 鳳凰堂・虎鉄天流・狗星。二人の先輩が既に部室でくつろいでいた。
 どうしてこの二人は全く様子を変えないのだろう。
 そんなことを思いつつ、比留間はカバンを自分のロッカーに放り入れる。
「…。イドさん、ちょっとお話が」
 いつになく真面目な様子で、鳳凰堂が比留間に座るよう促す。
「…はい?」
「これを」
 手渡されたのは茶封筒。
 中に入っていた手紙は、開くと不器用な字でこう書かれていた

『親愛なる友人たちへ

 ゴーストに堕ちた兄を殺してくる。
 死んだら、クラブにおいてある私物は好きに分けてくれ
 生きてたら、また宜しく頼む
 この手紙を見て二週間たっても戻ってきてないなら
 いちごホテルの最下層の部屋にきてくれ、
 遺骸があると思うので処理を頼む』
 はっとした表情で比留間が顔を上げる。何故、もっと早くこれを。
 そう言いたげな表情で。
「すみません。彼に少なくとも、
 一週間してからイドさんに渡すよう頼まれていまして…」
 バツが悪そうに、頭をかきながら鳳凰堂が応える。
「何を言っているんですか…!?
 いやそれ以前に…どうして狢先輩を止めてくれなかったんですかッ!!?」
 顔を紅潮させて激怒した比留間が立ち上がる。

 暫くの沈黙の後、天流が口を開いた。
「…狢殿自身の問題じゃ。
 狢殿が一人でケリをつけるのが筋というものじゃろう」
「…でもッ!!」
「少なくとも、狢殿はそう考えての行動じゃろうて」
「…ッ」
 そんな気がする。そう納得してしまう自分に、
 わけのわからない苛立ちが比留間を襲う。

 一体自分はどうするべきなのか。必死に考える。
 じっと彫像のように佇むこと数十分。

 結論は出た。踵を返し、外に出る。
「イドさん…?」
「狢先輩のところへ行ってきます」
「比留間殿、しかし…」
「筋とかどうとうか、そんな事私には関係ないんですッッッ!!!」
 辺りの木々がざわめいた。
「何 故 な ら ばッッ!!!」
 イグニッションカードを取り出し、少女が武装を開始する。
 太陽のように紅い布槍と、空のように青い戦闘服。
 どこかのおとぎ話から出てきたような武器と防具で身を固め、比留間・イドは起動を終えて大地に仁王立ちした。
「わ、私は狢先輩の事を…ッ!!」
「たはぁ~。はいはい、ごちそうさまです」
 呆れ笑いながら、鳳凰堂が比留間の口上をさえぎった。
 いつの間にか、彼も天流も起動を終えている。
「ぅ、うぅ…」
「それだけ言えれば上出来じゃろ。後は本人に直接伝えてやればよい」
 既に腹は決まった男二人。甲斐性なしの女泣かせをひっぱたきにいくのも面白そうだといった顔つきだ。

「急ぎましょうッ!!」
 瞬間、大地を爆裂させながら比留間・イドは先輩二人と共に駆け出した。
 電車、車、バイク、自転車…そんなものは必要ない。何故ならば。
「起動時であれば…走った方が、速いッッ!!!」
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 今回のイメージソングはこれで
比留間の中の人 | URL | 2007/03/19(月) 19:55 [EDIT]
ttp://www.youtube.com/watch?v=ClZVhkYVT08

私は遠方の者を連れ戻すもの
私は二人の戦士を分けるもの 争いの調停者
私は天空の先触れ
私は万物を弾き出すもの
私はマアトを描くもの
私は殺戮の女主人

*マアト:正義、秩序、真実といった、
あるべき正しさをすべて包括する概念的な言葉

鳳凰堂の中の人 | URL | 2007/03/20(火) 05:24 [EDIT]
ヽ(・∀・)ノ アヌビスキトゥァーー!
まぁそれはともかくとして。
奔れ恋乙女!!
最後の最後で王子様を救うのは――

いつだってお姫様だと相場は決まっているのだから!

……それと、すんげー空気読めてない事を一つだけ。
虎鉄君は他人を姓で呼ばないのですよ。
つまんないけど重要なこだわりなので失敬ながらツッコミました。
何卒御容赦下さいますよう。
● ひぃ、サーセン
比留間の中の人 | URL | 2007/03/21(水) 14:47 [EDIT]
>他人を姓で呼ばない
修正しておきました。申し訳ないです!
SS書く時は、それぞれの一人称、二人称、三人称は
間違いのないよう気をつけているのですが…。

ちと気が緩んでました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ある学徒の手記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。