ある学徒の手記
株式会社トミーウォーカー運営の学園伝綺PBW『シルバーレイン』のキャラクター視点の手記。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/24(水)   CATEGORY: 雑記
最近のゴースト情勢
去年の段階から『蜘蛛型のゴースト』の話題は所属している結社でも耳にしていたのですが、
何やらまた大きな発見があったようですね。
詳しくは依頼書『手繰り寄せるは希望の光』にあるとおりですが、
どうやらゴーストであるはずの蜘蛛たちの繭から、人間が出てきたようです


<以下、おぼえがき>
・口から糸を吐いて動きを妨害してくるらしい
・糸が当たると、マヒしてしまうらしい
・蜘蛛は結構タフ

<蜘蛛人間の言葉>
「我らが目覚めるという事は、始まるのだな。再び我らの敵との戦いが……」
 ・おそらくは世界結界が構築される以前(つまり13世紀よりも前)の戦いの事。
 しかも、この男は『その当時も戦ったことがあるかのような口ぶり』である事から、当時の能力者たちは彼を撃破できず、
『封印』するのが精一杯であったという可能性が高い。

「お前達は我らの兄弟を手に掛けた。……我が一族は、その恨みを決して忘れる事はないだろう」
「何れ、我が女王を見つけ出した暁には、我らが直々に礼をしてくれようぞ」
 ・どうやら彼らは自分達の『女王』を探しているらしい。つまり彼らの本格的な侵攻はまだ先の話。のんびりはできないが、猶予はまだある。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● となると
比留間 | URL | 2007/01/24(水) 16:27 [EDIT]
我らが先に行動して、
敵の女王を発見して撃破できないものか、とも考えるわけですが。
ゴースト探索は、運命予報士の専売特許かとも考えるわけで…。
今後の彼らの予報次第でしょうか。

いずれにせよ、我ら能力者はより一層鍛錬に励み、
団結を深めておかなければなりませんね!!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ある学徒の手記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。