ある学徒の手記
株式会社トミーウォーカー運営の学園伝綺PBW『シルバーレイン』のキャラクター視点の手記。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/18(土)   CATEGORY: SS
顕現限界 エピローグ?
―銀誓館学園・放課後

「おねえちゃん、どうしたの?」
妹の声に、比留間・イドはハッと我に返った。
「…あ、いや。何でも、ないですよ」
比留間は曖昧に返答した。
正確には、今朝のあってはならない光景、
地面に転がる無数の詠唱銀』について考えていたのだが。
妹を叩き起こし、その光景を見せようとしたその頃には、
とっくに世界結界の修正を受けたのか跡形もなくなっていた。
比留間はきっと自分が寝ぼけていたんだろうと納得し、
この事実を胸の奥に仕舞うことにしたのである。

「あ、比留間先輩じゃないですか。こんにちはー」
唐突に現れるツインテール男子。名を丘・敬次郎という。
学園での評判は、『だいたい変人』。
「お、丘くん…」
得意か苦手かで言えば、比留間は間違いなく彼が苦手だった。
生き様というか、何か『根本的な部分が』違いすぎるのである。
それが何かと言われれば返答に窮するだけに、比留間は困ったように曖昧に微笑んでお茶を濁すしかないのが常であった。。
「今日は『レティクル』には…いや、今日も来ないんですか?」
「その言い方は…いや、まあ『黄金と刃』の方が…ではなく、ですね」
わざとらしく咳払いをする比留間。
「丘くん。君は何故、校庭でも水着姿なんですか」
「いやぁ、プールからそのまま来たので」
がっはっはっと腕を組みながら大笑いする丘。いかん頭が痛くなってきたとこめかみを押さえながら、比留間はふと妹が自分の背に隠れていることに気がついた。
「…イドラ?」
「………」
丘もそれに気がついたのか、(いや更に加えて何か特別な感情が『少女』にあるのか)
興味深そうにイドラの方を覗き込む。
「あらら、こちらの子は?」
「ああ、私の妹、イドラです。学園に転入したのはつい最近なので、色々教えてやってくれると助かります」
「へぇ。『色々と』教えていいんですか…」
いくらか熱を帯びた目を細める丘。対して隠れるイドラ。
「イドラ…?」
「…。ダメ」
「え?」
あまりに唐突な言葉に、思わず聞き返す比留間。
「ダメ…。あなたは、ダメ」
「何かいきなり全否定されたんですけど」
「な…イドラ。急に何を…!」
「ダメッ!!」

片目だけ目をつむり、頭をポリポリと掻く丘。
「あれですかね。里での訓練のせいか、剣呑な雰囲気が滲み出ちゃってるんですかね…?」
「いや、そんなはずは…」
ないでしょう、と同意を求めるように妹を見る比留間。イドラは帽子の奥に視線を隠す。
 そして。
嘘だッッ

「嘘だッッッッ!!!!」
「「っ!!?」」
突然の絶叫に、思わず目を見合わせる比留間と丘。
気がつけば、遠巻きに部活中の野次馬たちが興味深そうに三人のやり取りを監視していた。

「イドラ…急に何を!?」
「わたしわかるもん…。
 悪い大人たちに囲まれてたから…わかるもん!!」
明らかに敵意のまなざしで丘を睨むイドラ。
睨まれている丘の表情は形容しがたい。
無表情のようでもあるし、歓喜に打ちひしがれているようでもある。
「………」
「里の訓練のせいで…。環境のせいでそうなった…?
 違うッ!!

 そいつは生まれついての悪党だッッ!!
 おねえちゃん、そいつを信じたらダメッ!!!」
「な…。…イドラ! 彼に謝りなさいッ!!」
妹を上回る気迫で激怒する比留間。
学園にいる同胞が、同じ能力者の仲間が、そんな邪悪な存在であるはずがない。
ちょっと風変わりなだけなのだ。そう思いたい比留間の意地が余計に怒りを煽ったのかもしれない。
姉の予想外な反応にイドラは深く傷ついたのか、目に涙を一杯ためて嫌だと首を横に振った。
「………」
そんな姉妹のやり取りをひどく冷徹な瞳で観察する丘。
(「姉はわりとどうでもいいな…それよりも」)
妹ちゃんの肉は切り刻んだら具合が良さそうだなぁ、とのんびり考える丘。思わず笑みがこぼれてしまう。
「いててて」
「…っ? 丘くん?」
「いや言葉の暴力がですね」
言いつつ、下半身を押さえへっぴり腰のまま丘は応える。
比留間は相変わらず得体の知れない後輩に首をかしげつつ、イドラに強引に頭を下げさせた。
「…では、私たちはこれで」
「ああ、はい。僕はまたプールで泳いでると思うので」
「了解しました」
姉妹とのすれ違い様、真に注意すべきは妹の方かもしれないなぁと丘は考える。
ふと振り向けば、その妹と視線が合う。
思わず口の端を歪めてニヤけてしまう丘。

(「わたしが『組織』にいたとき…。
 拷問とか殺しを専門にする大人たちがいた」)
イドラは誰にも聞こえない程の小さな声で呟く。
(「『傷つける事』、それ自体を楽しめる奴ら…。
 あいつは…そんな奴らと同じ目をしてる!」)
丘とイドラ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 丘くんはきっとこのゲームのラスボス
比留間の中の人 | URL | 2007/08/18(土) 16:33 [EDIT]
妄想中枢を刺激されたので、書きました。(^ω^)
すごく…ひぐらしがないてます。
● 世界は冷たいか否か
鳩@神の子 | URL | 2007/08/19(日) 02:22 [EDIT]
>丘くんはきっとこのゲームのラスボス

リップサービス感謝。
あといつの間にかのリンクに感謝です。

誰かのそういう、「俺もやりたい」という思いを刺激できるのは最高の幸せだと思うので鳩は今幸せです。


抱いてもらってもいいですか。



「嘘だっ!!!」(冗談的な意味で)

どこかで、『世界の暖かさ足るべき』最も強力な正義と戦い、鳩たちの信じたその正義が我々『現実の残酷さしか見ていない』悪党を滅ぼしてくださることを願いながら。∬ ・_・)∬

あと流石ツェペリの創造神、ジョジョネタも絡んでますね。
● リンクはこっそりはってました
比留間の中の人 | URL | 2007/08/20(月) 22:29 [EDIT]
いいのかい。オレはノンケでもかまわずk(ry

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ある学徒の手記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。