ある学徒の手記
株式会社トミーウォーカー運営の学園伝綺PBW『シルバーレイン』のキャラクター視点の手記。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/30(木)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】お前のビームで悪を撃て!―後編―
番外編、『お前のビームで悪を撃て!』後編です。
「空色デイズ」、或いは「真赤な誓い」
あたりを途中で聴きながら読むと幸せになれるかもしれません。

以下、番外編本文。
つづきを表示
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/29(水)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】お前のビームで悪を撃て!―前編―
なんか最近こればっかりですか、
広い心で読んでいただければと思う次第です。

今回は、番外編ですよ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/28(火)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】レギオンとの邂逅
【20XX年 封鎖特区 鎌倉】

始まりにして終わりの地、鎌倉。
世界結界はもはや意味をなさず、
敵性来訪者の来襲、そしてシルバーレインによるゴーストの発生により荒廃した地。

―エノシマ・エリア
[ TB*0 | CO*5 ] page top
DATE: 2007/08/28(火)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】封鎖特区危険人物ファイル
IF Another despair』登録用の記事です。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/28(火)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】簡易勢力図
簡易勢力図まとめ版。です。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/26(日)   CATEGORY: SS
【IF Another despair】 比留間の姉妹の場合
私がこんな面白い事を見逃すはずがないじゃあないか。
[ TB*2 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/08/25(土)   CATEGORY: SS
いざ往かん竜宮城!
―8月26日(日)東京近海 時刻:0820

「クソッ、こいつら!!」
「はぁぁぁぁっっ!!」
旅客船の甲板上にて、名もなき能力者たちが
本来あってはならない怪異、ゴーストたちと命の削りあいを行っている。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2007/08/21(火)   CATEGORY: SS
セメントと『 』 ―本編―
「イドラ、あなたは帰って!!」
「い、いやだっ!」
比留間・イド(b06623)イドラ(b28384)による不毛な姉妹喧嘩はゴーストタウンについても終わらなかった。
やれやれとマイト・ミツルギ(b08065)はため息をつき、口を開く。
「仕方ない。今回も同行させるべきと判断する」
「しかし…! …っ!?」
言いかけたところで、イドは何かに気がついて急に辺りを見回し、懐からカードを取り出す。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2007/08/20(月)   CATEGORY: 雑記
あなたの隠れ萌え解析
クロエ先輩の中の人のブログから、
あなたの隠れ萌え解析』なるものをやってみました。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2007/08/18(土)   CATEGORY: SS
顕現限界 エピローグ?
―銀誓館学園・放課後

「おねえちゃん、どうしたの?」
妹の声に、比留間・イドはハッと我に返った。
「…あ、いや。何でも、ないですよ」
比留間は曖昧に返答した。
正確には、今朝のあってはならない光景、
地面に転がる無数の詠唱銀』について考えていたのだが。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2007/08/14(火)   CATEGORY: SS
セメントと『 』 ―予告編―
 ―どさり

“それ”は名もなきゴーストタウンの一角で生まれた。
(「………」)
“それ”はまだ言葉を知らない。
知らないが、自分が今猛烈に飢えている事だけは理解できた。
(「………!」)
ずるずると不完全な体をひきずり、辺りを徘徊しはじめる。
イメージだけによる思考。何かを食べたいと思う言葉にならぬ衝動。
[ TB*0 | CO*4 ] page top
DATE: 2007/08/12(日)   CATEGORY: SS
イドラ曰くヒーロー
 ―2006年12月 ???
「何だあれは…」
「ふふ、ちょっとした余興ですよ」
いかにも、な男や女たちが集う高級クラブの一角。
縦じまのスーツに身を包んだ男たちを、黒服の女はまあまあとなだめる。
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2007/08/08(水)   CATEGORY: SS
夏休み2007
 ―2007年8月。比留間家本邸。

「おかえりなさいませ、お嬢様」
邸宅の使用人たち全員が玄関に整然と並び、
恭しく頭をたれて主の娘二人の帰還を喜ぶ。

「ただいま、みんな」
我らが比留間・イドははにかんで微笑みながら、
最近出来た妹の肩に触れて発言を促す。
「た、ただいま…」
比留間・イドラはたどたどしい口調でそれに応じた。
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © ある学徒の手記. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。